新幹線で大量出血 J熱の嵐

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

新幹線で大量出血

出血は全然良くなりません、もうすぐ術後8週になるのに😥


やっぱりただ事ではなさそうです。


色々難しく書いてしまって、理解できないかもしれないのですが、シンプルに言うと下記が診断。



A大病院 気弱くん

胞状奇胎? →2回目のオペで確定診断としたい。そこで確定診断できなくとも、6ヶ月のマーカー観察により癌化をモニタリングする。

絨毛遺残 →確定。これも2回目のオペで取り除きたい。

子宮仮性動脈瘤 →なし。オペをしても危険ではないので、オペしましょう。



B大 お勉強好きな先生

胞状奇胎? →確定診断はしない。次の妊娠を考えて、3ヶ月間マーカーをモニタリングする。

絨毛遺残 →確定。自然排出を待ちたい。

子宮仮性動脈瘤 →あるようにみえる。2度目の搔爬のオペしたら、大量出血で死ぬ可能性あるからできない。今2センチだが、3センチになったら、自然破裂の可能性が高くなるので、子宮動脈閉塞術を行なう。



こんな感じなんです。

子宮仮性動脈瘤に関する部分は見解が分かれていますが、遺残の見解は一致していて、所謂取り残しがある状態なんですよね。

遺残を軽く見てましたが、これによる大量出血で大変な目に遭ってる人が意外と多いことを知り、少々不安になっていました。




そしたら、そこに本日私にも大量出血が😱


今日は姪っ子ちゃんと涙のお別れをして、東京に戻って来る日でした。


姪っ子はママに早くお迎えに来て貰い、保育園から早めに帰宅して、一緒にご飯を食べました。


ちょうど食べ終わって、着替えをした時、ん???


お腹が痛い???


しかも消化器系ではないよね???


明らかな下腹部への違和感を覚えました。


トイレに行ったら、また激しい鮮血が。


でも、いつものことだし、明日はA大の受診日でもあるし、帰る準備もしていたので、この段階では帰らないという選択肢はなかったです。


新幹線に乗るのを一瞬躊躇ったのですが、新幹線へと向かいました。


母が車で送ってくれる駅までの道中、腹痛が増しているのがわかりましたが、ここで引き返しても心配をかけるし、病院に行くなら東京で行きたいしと思い、新幹線へと乗り込みました。


しかし、どんどん痛みは増し、出血量も増えていくのがわかりました。


術後こんなに大量出血したのは初めてで、短時間に太腿まで血が流れるような状態になってきました。


やばいな、乗ったばかりなのに、この状態は。まだ福島の手前だし。


身をよじらせながら新幹線内で耐えました。


空いていたので、2席使って、うつ伏せになって寝て耐えました。


新幹線を途中で降ろしてほしいとか、病院運んでとかなるんじゃないかと、乗ったことに途中で後悔したのですが、何とか上野駅に着きました。


あー、良かった〜 人に迷惑かけずに済んで。


そして、田舎の病院に運ばれて、変なことになるのも怖かったので、東京まで辿り着けて良かった!



そして、安心して、立ち上がった瞬間に


ドゥルン


何かが出てきたのかなと思ったら、足まであったかい液体が流れた。大量の出血💦



やばー、何が起きたんだろう😱


まさか動脈瘤の破裂か?


一瞬だけ1番最悪なことが頭をよぎった。


急いで駅のトイレで確認すると、長さ6.5センチ 幅3センチ 厚み1センチのどでかい肉の塊が落ちてきました。


これが遺残???


B大の先生は6センチくらいの大きい遺残があるって言ってたから、大きさも一致するしな。


しかし、子宮って妊娠してなかったら、鶏卵くらいの大きさって言うから、このレベルの遺残は子宮のぼぼ全面を覆っていたのでは???


マジでこわーーーー


そして、グローーーー


こんなでかいものを取り残すなんて、信じがたいわ。


さすがに家にはホルマリンがないので、ジップロックに入れて、このまま明日気弱くんに持って行って診てもらうとしようか。


家に無事に着いて、今は腹痛もなく、ブログを書いています。


とりあえずは、大量出血も止まったので、動脈瘤が破裂したわけではなさそうで、ほっとしています。



明日はA大の気弱くんが今日の大量出血に関して、どういう見解をするんだろうか。



仕事にも行けないし、色々困っちゃってるので、いい加減にどうにかして欲しい。

そして、私とのお別れにため息をついて悲しんでいる2歳の姪っ子には、10月の3連休にまた会いに来ると約束しちゃったし、絶対治さなくてはいけないからね。

あっ、いないいないばあのコンサートのチケットを当ててあげたんです。

それが10月にあって、姪っ子と一緒に行くことにしたので。

前評判では嵐よりも高倍率だとかで、驚異だったのですが、30倍くらいと言われるチケットを何とか当てられました。

そして、可愛いうちわとコスプレも作ってあげました。

妹と母はこういうのが苦手なので、私と90歳近いおばあちゃんの2人でね(笑)

チケ取りとうちわ作りはアラシゴトの経験が活きました😁



では、遺残が自然排出されたと信じて寝ます。

夜中に急変しませんように。

関連記事

| 流産→胞状奇胎 | 01:36 | コメント:1 | トラバ:0 | TOP↑

COMMENT

初めまして

初めまして。
嵐の潤くんブログを検索していて、たどり着きました。

今はとにかくゆっくりなさってください。
私も以前流産を2回経験しました。
大量出血し、最後に出てきた肉の塊(胎盤)はレバーみたいでした。
その後は子宮収縮剤でもだえましたが、回復し、大学病院の習慣流産外来で検査・治療し、出産にたどり着きました。

アラシゴトのコメントでなくてすいません。

| さえ | 2018/09/14 16:50 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://jnetsunoarashi.blog.fc2.com/tb.php/1821-f9005ebf

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>