覚悟 J熱の嵐

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

覚悟

先週は夏休みで、実家に帰っておりました。

おんぶしたり、抱っこしたり、遊んだり、ミルク飲ませたり、オムツ替えしたりと、姪っ子のお世話全般をやってきました。

愛嬌のある子で、滅茶苦茶可愛いんですよ。

この10年弱、松本潤以上に愛せる存在に出会って来なかったんですが、今は姪っ子が一番可愛い存在です。うるさいけど、ニコニコ顔に癒されるので、ずっと一緒に居られるわ。


そして、帰ってきたら、頼りにしてた会社の重役の方が辞めるということを聞き、かなりショックを受けています。

彼が居なくなったら、本当に自分の上が誰も居なくなってしまうという、全責任が自分にのしかかってくるという脅威。

前職は上司が嫌で辞めたのもあるのだけれど、ベンチャーにいると、自分が会社と若い子の将来を全部背負って生きているんだということをいつも感じながら仕事をしていて、今でも結構なプレッシャーを受けながらやっているんですよね。それ以上に責任が重くなるし、その分孤独になるのかって思ったら、正直少しゲンナリしました。

それは自分が望んで選んだ道なんですが、これからは誰に背中を押してもらえるわけでもなければ、間違っていても止めてくれる人もいなくて、全てが自分の責任でってことになりわけですね。
今やっているものがちゃんと仕上がらなければ、会社は確実に潰れちゃうしと思うと、本当にシビアな世界だなと思います。
それはある程度頭ではわかって入ったつもりでしたが、本当の意味ではわかってなかったのかもしれませんね。
今まで大手でやってた私にとっては初めて味合う緊張感で、不安になることも多々あります。
大手でやってる時は自分が頑張って仕事を成功させないと会社が潰れるなんてことはなかったから。


こんなことを思ってる時に、ちょうど24時間テレビがあって、私にとっては最後の3人の挨拶がとても良かったです。

小山くんが「覚悟」って言葉を口にしていました。

翔くんも、僕なんかでは伝えきれないこと、でも、思い上がりとも言えるけど、僕にしか伝えらえないこともあると言っていました。

この2人の言葉が凄く胸に刺さりましたね。

私も自由にやらせてもらってる分、本当の意味での覚悟を持ってやらなくてはって思いましたし、自分にしかできないことをやるためにまた研究の世界に戻ってきたんだから、自分を信じて失敗を恐れずに思い切ってやろうって思いました。

翔くん、小山くん、亀ちゃん、ありがとうございました。そして、お疲れ様。


あっ、でも、One loveは嵐5人じゃないとダメですね。

早くライブで5人に会いたいよ。

てか、まだ申し込んでない。

今日なんとか航空券だけは確保したけど、今年は全然自信がないわ、どうしましょ〜
関連記事

| 24hテレビ | 01:49 | コメント:0 | トラバ:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://jnetsunoarashi.blog.fc2.com/tb.php/1783-cc294644

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>