アーカイブ :2019年06月 J熱の嵐

<< 2019-05- | ARCHIVE-SELECT | 2019-07- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

また?まだ?一難

またご無沙汰しているうちに、広告が出現してしましたね😅

酷い放置っぷりで、すみません。

ようやく今週から有給消化に入りました✌️

といっても、現職と揉めているのと、新しい仕事の立ち上げで、家で毎日お仕事しています。



とりあえず、何に揉めているかというと、論文の権利。

助成金と特許と同じでまた私の成果を横取りしようっていう上司がいる。

大手を退職してきて、60歳になったんだし、貴方に業績なんてもう必要ないじゃんって、そんなに欲出さなくてもいいじゃんって思うが。まあ、彼がそうしたいっていうよりもまた社長からの命令なんだと思うけど。

退職願をその上司に出した時に彼は、社長が間違っていると思うことでも、従わざるを得ないって言っていましたからね。だから、社長に私から仕事を取り上げるように言われてるから、自分には何もできない。だから辞めた方が良い。ここよりも他に行った方が力を発揮できるだろうから、ここにいても人生の時間の無駄になるからと。自分ならそうするみたいなこと言ってたわ。

これは私への嫌味ではなく、本当に彼が思っていることなんだと思ったが、これ聞いて、呆れたね。
恥ずかしくもなく、そんなことが言えたもんだよ。普通なら、自分が私の上司として社長に意見するところだろうって。

日本有数の大手メーカーの部長を長年やっているとこんな風な社長に飼いならされて意見の言えない人間になってしまうのかと思ったら、私に次の行き先はなんて幸せなところだろうって思ったよ。

次は何でも率直に意見を言える人とタッグを組んでやれるから。実際につまらないことで足止めくらわないので、仕事のやりとりがとてもスムーズになって、ストレスが激減したもの。

そして、その上司は社長の言いなりっていうだけじゃなく、痴呆症気味で、私はは介護ペルパーじゃないって毎日心の中で思ってたので、今度のパートナーは頭も良いし、行動力もあって、いつも良い刺激がいっぱい貰えるし。

先日は奥様とうちの旦那さんと4人で親睦会というか、こんなリスキーなこと始めますが、大きな心で見守って下さいの会をして、その時にうちの嫁がこんなに人を家で褒めている姿を見たことがなかったから、本当に驚いているし、本当に凄い方で嫁と気が合うんですねって言ってたくらいなので、相当私の様子が明るくなっているらしい(笑)



と、こちらはそれなりに順調なのですが、最後の最後まで現職の方では戦いが残っていて。

旦那の同級生の弁護士さんにアドバイスを貰いつつ、給与のこととか、論文の権利関係とか、問題を一つ一つクリアにしていかなくてはいけない状況。

今一番の問題は論文。

若い子3人と私でやってきた仕事で、今の上司が入社する前に既に完結していて、論文のドラフトだってできていたが、上司が英語ができない上、理解力がないがために半年も添削するといって放置され、論文を投稿したのは今年の3月。
ちなみに彼の添削はGoogle翻訳に私の英文をかけて、日本語で直してくるというもの。
そんな状態なので待っていても意味がないから、上司がアメリカに行ってる隙にどさくさに紛れて投稿したけど、まだレビューアー(審査官)からのお返事が来なくて、これをどうするかって話になってるの。


上司)6月以降は私にリバイス作業(レビューアーからのコメントへの返信や修正対応)をして欲しくない。私と何度もやり取りすることになるのが嫌だから、僕がやります。

私)やってもらえるならありがたいですが、現実的な話、メソッドもわからないし、参考文献もわからないし、生データもわからないだろうし、できますか?

上司)いや、簡単なものしか出来ない。誤字脱字とか。

私)あ、それは既に英文校正出してるので、そのリバイスはありえません。リバイスって、簡単な修正ばかりではありません。ハードな要求されることもあるので、もし貴方が直したなら、最後にコレスポンディング(責任著者)である私のチェックを受けて下さいね。じゃないと、怖くて、外に出してもらったら困ります。間違いが書いてあった場合には私が責任取らされることになるので。

上司)じゃあ、自分がコレスポンディングになります。

私)は?またですか?特許といい、何もやっていないのに、全部他人の成果を取るんですね。今度はコレスポンディングですか?

上司)それは会社が決めることだから、自分が好きでやるわけではない。

私)そもそも論文の捏造や剽窃は会社が責任をとるのではなく、個人ですよ。小保方事件だって、大学や研究所じゃなくて、ファーストである彼女とコレスポンディングである笹井先生が責任取りましたよね?何かあったら、私は他人が勝手に修正した論文は責任取れないですが、自分が関わってもいないのに、貴方にはそれが取れるんですか?そもそも共著者の同意がないと、コレスポンディングを変えて、論文投稿できないですよ。

上司)みんな同意してくれると思うけどね。じゃあ、とりあえず今のジャーナルから取り下げて、確実に通るジャーナルに投稿し直して、出て行ってほしい。

私)そんな都合のいいジャーナルは近年社会問題になっているハゲタカジャーナルくらいですよね。

上司)ハゲタカは嫌だ。

私)…


最後は常識が通じなさ過ぎて、話す気も起きなくなりました。この不毛感、業界関係者はわかってくれると思いますが、嵐のお友達のみなさまはすみません、意味わからないかもですね。

彼はそもそも論文一報も書いたことないのだからリバイス対応できるはずもない。論文書かずとも上手いことこと世渡りした結果、某大学の准教授まで登り詰めたから、こんな当たり前の話すらできない😤

そういえば、この上司と助成金奪い取った忠犬くんがあまりにも話が通じないので、清泉さんに戻して欲しい、清泉さんと話がしたいと10回くらいお願いしたんですけど、どうなってるんですか?って業務提携した大手メーカーの経営企画のマネージャーさんが直接私に先月言ってきましたよ。
億単位で出資したけど、あの2人の体制になってしまってから、本当に無理だって思ってます。手を引きたいんですけどって。

これ聞いて、この取引先の方にはだいぶ私が苦しい時に助けて貰ったし、ごめんなさいの気持ちでしたが、なんか嬉しかったです。
助成金取れて、やっと私とやりたいことができると思ってたのに、うちの研究員たちも残念がっていてと言ってくれたので、もう私としては本望ですよね😏
結局社長が信頼できると言っていた痴呆症の上司も忠犬も全くダメだって取引先が言ってくれたんだから痛快よ。←性格ド悪いかもですが。



4月に辞めた私の元部下の子と派遣さんは絶対にオーサー変えるのには同意しないですって私に言ってきたが、上司はなかなかの自信だよね。マジで舐めてるなっ。月末の話し合いでどうなるかだけど、絶対に会社の思うようにだけはさせない‼️


あ、そう、私の元部下の子も辞めたんだよ、やっぱりこんなおかしなところにいられないって言って。

なんかNTGの山口真帆ちゃんと一緒に辞めた子たちがいたけど、そんな感じでね。

社員20人くらいの会社なのに、この春に4.5人も現場から人が去っていって、結局社長の太鼓持ちだけが残ったが、現場回してた主力が去って、これからどうする気だろう。

NGTの山口さん、めっちゃ応援してたのよね。
間違ってるって、周りの環境を良くしたいから、ちゃんと上に意見する勇気がある子が最後には絶対に笑って終われる世の中になってほしいと思ってさ✨

まだ菅原りこちゃんって子が所属先決まってないってことだったけど、うちの元部下もそうなので、こういう真っ直ぐな子達を救ってくれるところがあればいいな

私もみんながちゃんと意見言える会社を作っていくんだ。まずは自分が結果出して、会社を軌道に乗せていかないと。
関連記事

| シゴト | 22:53 | コメント:0 | トラバ:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |