アーカイブ :2018年08月 J熱の嵐

<< 2018-07- | ARCHIVE-SELECT | 2018-09- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

新幹線で大量出血

出血は全然良くなりません、もうすぐ術後8週になるのに😥


やっぱりただ事ではなさそうです。


色々難しく書いてしまって、理解できないかもしれないのですが、シンプルに言うと下記が診断。



A大病院 気弱くん

胞状奇胎? →2回目のオペで確定診断としたい。そこで確定診断できなくとも、6ヶ月のマーカー観察により癌化をモニタリングする。

絨毛遺残 →確定。これも2回目のオペで取り除きたい。

子宮仮性動脈瘤 →なし。オペをしても危険ではないので、オペしましょう。



B大 お勉強好きな先生

胞状奇胎? →確定診断はしない。次の妊娠を考えて、3ヶ月間マーカーをモニタリングする。

絨毛遺残 →確定。自然排出を待ちたい。

子宮仮性動脈瘤 →あるようにみえる。2度目の搔爬のオペしたら、大量出血で死ぬ可能性あるからできない。今2センチだが、3センチになったら、自然破裂の可能性が高くなるので、子宮動脈閉塞術を行なう。



こんな感じなんです。

子宮仮性動脈瘤に関する部分は見解が分かれていますが、遺残の見解は一致していて、所謂取り残しがある状態なんですよね。

遺残を軽く見てましたが、これによる大量出血で大変な目に遭ってる人が意外と多いことを知り、少々不安になっていました。




そしたら、そこに本日私にも大量出血が😱


今日は姪っ子ちゃんと涙のお別れをして、東京に戻って来る日でした。


姪っ子はママに早くお迎えに来て貰い、保育園から早めに帰宅して、一緒にご飯を食べました。


ちょうど食べ終わって、着替えをした時、ん???


お腹が痛い???


しかも消化器系ではないよね???


明らかな下腹部への違和感を覚えました。


トイレに行ったら、また激しい鮮血が。


でも、いつものことだし、明日はA大の受診日でもあるし、帰る準備もしていたので、この段階では帰らないという選択肢はなかったです。


新幹線に乗るのを一瞬躊躇ったのですが、新幹線へと向かいました。


母が車で送ってくれる駅までの道中、腹痛が増しているのがわかりましたが、ここで引き返しても心配をかけるし、病院に行くなら東京で行きたいしと思い、新幹線へと乗り込みました。


しかし、どんどん痛みは増し、出血量も増えていくのがわかりました。


術後こんなに大量出血したのは初めてで、短時間に太腿まで血が流れるような状態になってきました。


やばいな、乗ったばかりなのに、この状態は。まだ福島の手前だし。


身をよじらせながら新幹線内で耐えました。


空いていたので、2席使って、うつ伏せになって寝て耐えました。


新幹線を途中で降ろしてほしいとか、病院運んでとかなるんじゃないかと、乗ったことに途中で後悔したのですが、何とか上野駅に着きました。


あー、良かった〜 人に迷惑かけずに済んで。


そして、田舎の病院に運ばれて、変なことになるのも怖かったので、東京まで辿り着けて良かった!



そして、安心して、立ち上がった瞬間に


ドゥルン


何かが出てきたのかなと思ったら、足まであったかい液体が流れた。大量の出血💦



やばー、何が起きたんだろう😱


まさか動脈瘤の破裂か?


一瞬だけ1番最悪なことが頭をよぎった。


急いで駅のトイレで確認すると、長さ6.5センチ 幅3センチ 厚み1センチのどでかい肉の塊が落ちてきました。


これが遺残???


B大の先生は6センチくらいの大きい遺残があるって言ってたから、大きさも一致するしな。


しかし、子宮って妊娠してなかったら、鶏卵くらいの大きさって言うから、このレベルの遺残は子宮のぼぼ全面を覆っていたのでは???


マジでこわーーーー


そして、グローーーー


こんなでかいものを取り残すなんて、信じがたいわ。


さすがに家にはホルマリンがないので、ジップロックに入れて、このまま明日気弱くんに持って行って診てもらうとしようか。


家に無事に着いて、今は腹痛もなく、ブログを書いています。


とりあえずは、大量出血も止まったので、動脈瘤が破裂したわけではなさそうで、ほっとしています。



明日はA大の気弱くんが今日の大量出血に関して、どういう見解をするんだろうか。



仕事にも行けないし、色々困っちゃってるので、いい加減にどうにかして欲しい。

そして、私とのお別れにため息をついて悲しんでいる2歳の姪っ子には、10月の3連休にまた会いに来ると約束しちゃったし、絶対治さなくてはいけないからね。

あっ、いないいないばあのコンサートのチケットを当ててあげたんです。

それが10月にあって、姪っ子と一緒に行くことにしたので。

前評判では嵐よりも高倍率だとかで、驚異だったのですが、30倍くらいと言われるチケットを何とか当てられました。

そして、可愛いうちわとコスプレも作ってあげました。

妹と母はこういうのが苦手なので、私と90歳近いおばあちゃんの2人でね(笑)

チケ取りとうちわ作りはアラシゴトの経験が活きました😁



では、遺残が自然排出されたと信じて寝ます。

夜中に急変しませんように。

関連記事

| 流産→胞状奇胎 | 01:36 | コメント:1 | トラバ:0 | TOP↑

>> EDIT

自分で自分の病理切片を見てみた結果

こんにちは

ご心配をおかけしており、すみません。



火曜日夜から実家に帰ってきました。

会社からは、倒れられたら労災になるから困るってことで、治療方針が決まるまで当面会社に来るなと言われたので、思い切って、実家に来ちゃいました。

旦那もいないし、会社にも行かないとなると、社会から隔絶されて鬱々とするし(夜な夜な病気の検索が止まりません💦)、ご飯も作るのが面倒だなと思いまして。


実家では姪が大喜びで、保育園の先生にも『ねえね』が帰って来たんだと報告していたそうで、夜まで興奮状態でなかなか寝てくれませんでした。

本当に愛嬌のある可愛い子です❤️潤くんとオムツ共演させたかったです☺️


姪もだけど、やっぱり帰ってきて正解だったな。家事しなくて良いので、仕事が捗りますね。

そして、責任ある仕事は全面的に委譲し、少し切なかったのですが、精神的にはとても楽になりました。


最近はマイペースに英語で科学論文を書いています。

Google翻訳先生のお力も拝借しつつ、大学院生以来久しぶりの論文書きです。

ブラックペアンとは違い、インパクトファクターの高いジャーナルは目指していませんが(笑)

ちなみに、ずっと言おうと思ってたのですが、実際には学会のトップを決める時にインパクトファクターの総合点はそんなに関係ないと思います。

あんなにシビアに1点を争うようなレベルで見られることは絶対にないですね。



そういえば、月曜日にみんなが帰った後の会社で自分の病理切片をこっそり観察してきました。

丁度病理の教室で大学院生をしていた時に乳がんの疑いでバイオプシーを6回やった時に見た以来の自分の病理組織です。

その時もグレーな結果で、何度もバイオプシーをしていたので、自分の標本を見せてもらったりしました。


今回、私の絨毛は水腫様の、わかりやすく言うと水風船みたいになった気持ち悪い水膨れの絨毛ばかりでした。

そして、絨毛の輪郭や上皮細胞の増殖具合とかから、部分胞状奇胎の診断がつくのは当然だろうなと思いながら眺めました。

これは残念ながら、正常組織でもなければ、ただの水腫性の流産組織でもなく、教科書通りの部分胞状奇胎に見えました。

最近は人工的に臓器を作る仕事をしているのですが、実際のヒトの臓器ではない病理切片ばかりを見ていたので、本当のヒトの臓器、ましてや自分の臓器の切片を見ることができて、ちょっと興奮しました←相変わらず、どこまでも科学者な変態なやつです😅



そして、変態は暇だったので、この数奇な運命に翻弄される人の確率を計算しました。


胞状奇胎の確率は、妊娠した人の0.2%

そして、絨毛遺残の人の確率は、掻爬手術した人の0.12%


ってことで、どちらも併発する人は、0.024%です‼️

5000人に1人くらいの割合です😱


こんな宝くじ的な、番組協力よりも高倍率な当選確率で病気が当選するって、ある意味私は強運過ぎないか。

こういうのは嵐ゴトだけにして欲しいっす😤


まだはっきりしていない子宮内動脈瘤の確率は調べてません(笑)

それも加わったら、私の悪運はあまりにも天文学的にレアすぎるんで😅

ないと思いたい。


出血量が昨日の晩から少し減ってきているので、良くなっているんじゃないかなあと少し期待しています。



この勢いで、今週末の先得や早割などの予約をしちゃうかどうかだなあ。


毎年航空券の予約をこの時期にしていたけれど、今年は先が見えなさすぎて、キャンセルのリスクがあるからなあ。



【追記】

出血終わるかもの予感は気のせいでした😥

やはり絨毛の残骸のような紐みたいな組織が出たりしながら、出血は続いています。

関連記事

| 流産→胞状奇胎 | 06:18 | コメント:0 | トラバ:0 | TOP↑

>> EDIT

セカンドオピニオン

とうとう流産→胞状奇胎というカテゴリを作成してしまいました。

もうすぐ解決するはずと思っていたので、作らなかったのですが、最短でも3ヶ月、教科書的には6ヶ月の経過観察を要するのは確実な状況になったので、まだまだこのネタが続きそうだと判断しました😢


実は、18日の手術は前日にキャンセルとしました。


月曜日のA大からの電話の結果を旦那父に話したところまでは前回書いた通りです。

そして、セカンドオピニオンを探そうという話になり、旦那父の母校B大に所謂コネで予約を無視して入れて貰いました。

ちなみに、現在私はB大内で働いているので、通いやすいということもあります。

生理不順で春に受診をしようとした時にはB大は2ヶ月待ちだったので、こんなギリギリでセカンドオピニオンは無理だと思っていたけれど、さすがはコネ。

しかし、相変わらず旦那父には、私が全て処理するから、息子には伝えないでくれ、アメリカから心配して帰ってくるとか言われたら困るし、仕事に集中できなくなると困るからとか言われ、

処理って、私はモノか!

そして、どんだけ親バカ!息子何歳だよ!と思わずにはいられない。

いつものことながら、呆れる発言を聞かされ、さらには私が仕事中心なのもいい加減にして欲しいというお説教もありましたが、もはや背に腹は変えられないので、聞き流しておきました。


A大からの電話の翌日に、B大に行くことが決まったので、その日のうちに、B大への紹介状と病理切片を用意してくれるようにA大の担当医にお願いしました。

A大の担当医は気弱くんと今後はお呼びします。

気弱くんは、1日しかないので、どのくらいできるかわからないけれど、できる限り用意しますと言ってくれました。

気弱くんは卒業年度からいって、私の2つ下くらいかなと思うのですが、とにかく温厚な、人の良さそうな先生です。

結構母性本能を擽られるというか、なんかこちらが心配になってしまうような人なので、あまり困らせてくはないのに、ごめんなさいという気持ちでした。

そして、さらに翌日、病理切片をもらいに行くついでに、採血と内診をして貰いました。

採血の結果は、血中hcgがこの3週間で、1/10に下がっていました。

気弱くん)前回の結果を見て、心配したのですが、下がってきていて安心しました。

清泉)私もです。

気弱くん)子宮内の血液も前回の2.7センチから7ミリに減っています。しかし、胎盤遺残(前回手術の取り残し)もありますし、18日に手術をした方が良いかと思います。胎盤が残っているのは良くないので。どうしても嫌なら、経過観察でもいいですが。

清泉)明日のB大のセカンドオピニオンの後に決めさせてください。手術枠はキープでお願いします。

気弱くん)わかりました。じゃあ、電話して下さい。


やっぱり気弱くん、自分の意見は押し付けないタイプなんだよね。

私大出身の先生だし、お家がお金持ちとかの育ちの良いお坊ちゃんなんだろうな。

ガツンと言ったら良いのに、私みたいな迷惑な患者にって思うけど、いつも自信なさそうに相手の意見で動いちゃう先生なんだよね。

でも、なんか結構好きなタイプです(笑)


あ、気弱くんの話は一旦置いておきます。


hcgが下がっていたので、抗がん剤の可能性はとりあえずは少なくなったなあと安心して、次の質問へ


どうしても染色体の事が気になる。
16歳で卵巣膿腫になって、自分の卵子から髪の毛や骨や歯が出てきた時も、先生に質問しまくって、まだ現代の医学ではわからないと言われたら、じゃあ自分で調べれば良いんだと、わざわざ理転して医学部を目指したのがきっかけで、こういう世界に入ってきたわけで、自分の体の中で何が起きたのかがどうしても知りたくなってしまう習性があるらしい。


清泉)例の染色体の件ですけど。やっぱりどうしても納得できないのですが。

気弱くん)そうですね、僕も調べたんですが、わからなくて、染色体の専門の先生に聞きました。そしたら、胞状奇胎で染色体検査を受けしている人自体が少ないので、報告されていないけれど、二倍体のトリソミーもあり得なくはないそうです。


だから、私は文献でヒットしなかったのか。前回電話で話した時にそう言ったら、そうなんですよねって言うから、適当に誤魔化そうとしてるのかと思ったけれど、そこまで調べて言ってくれてたんだ。確かに、誤魔化そうとするタイプの先生ではないもんな。疑って、ごめんね。


清泉)私が見た資料では、部分胞状奇胎で二倍体は11%と書いてあって、トリソミーは?になってるから、もし本当にそうだったら、かなりレアなやつなんですね。

そうだったら、マジで論文書けるね(笑)

清泉)外注先でのサンプルの取り違えの可能性はないんですか?

気弱くん)それはないと思います。今までも何度も頼んでいますが、多検体を雑に扱っているということはないですね。

清泉)病理の方でp57とKi67の染色してくれたら、それで確定診断できるし、そのあとのフォローアップの仕方も変わると思うんですが、今のサンプルではダメなんですね?

気弱くん)HE染色の結果と染色体の結果から総合的に判断するようにと言われてしまって、染色してもらえませんでした。

なんて、正直な人なんだろうって思ってしまうわ。事実をありのまま伝えすぎてる(笑)




と、これが水曜日に出来事で、その翌日B大へ行きました。


B大は通常予約とは別扱いだったので、待ち時間が少なかった。

産婦人科の佐伯清剛的な先生にご挨拶したら、渡海先生的なバリバリ臨床している先生が担当になりますとのことで、ちょっと安心。


渡海先生的な先生は、私の素性もある程度聞いていたようで、なんで教授が僕を指名したんだろうと言っていましたが、私の年齢と経緯を見て、不妊の専門だからかなあと言い、失礼ですが、自然妊娠ですか?と聞いてきました。
そうだと言ったら、40歳過ぎたら、奇跡みたいなものですからね、特に44歳以降はまず無理ですからねと。
早めに、卵子凍結した方が良いですよと、胞状奇胎の話の前にそっちでした。

この会話、春頃4箇所のクリニックで同じ会話をした覚えが。
その度に、いや私は不妊というよりここまで妊活をしてこなかったタイプなのでと回答してました。

ARTは受精卵の選別ができるなら、私はやりたいですが、妊娠に至れないわけじゃないので意味がないかと思っています。おそらく卵子の質に問題がありそうなので、敢えて大金と時間をつぎ込む気にはなれないと言ったら、神戸の大谷先生の話になり、自分はそれについて立場上良し悪しはできないけど、ここでやったら新聞に出ちゃうからできないと言ってました。まあ、そうだよね。

待ち時間を減らすということで、先にhcgを測り、念のため輸血が必要になるかもしれないからと、血液型の検査もされて、それから問診と内診へ。

輸血が必要になるかもの意味がこの時はわからなくて、過剰検査かと思ったけど、あとでその理由がわかりました。


トータル2時間ほど私に時間を割いて、丁寧に診てくれました。

ビジュアルは気弱くんの方がタイプだけれど、勉強家な先生で最新の論文や知見について沢山教えてくれて、普通に楽しかったです。


そして、肝心なこの先生の見解はというと、気弱くんとは全然違った😅

今、手術したら、大量出血で死ぬ恐れがあると💦


昨日7ミリになっていた血溜まりは、2センチになっており、ドップラーで見て、血流も観察できないと言われていたが、あるように見える、動脈瘤が出来ている可能性があるから、絶対に今手術したら危ないと止められました。

毎日出血しているから、よくわからないけれど、腹痛もあったので、生理かもしれませんがと言いましたが、血流があると動脈瘤の可能性があって、3センチになったら、動脈瘤閉塞術をしなくてはいけないと。

しかし、それをやったら、妊娠は難しくなる可能性があるから、なるべくやりたくないし、胎盤遺残は掻爬手術よりも自然排出を目指す方が体には負担が少ないからと、いかにも不妊専門医のご意見だなあという感じ。


しかし、ここにきて、まさかの、、、出血の原因が子宮内動脈瘤の可能性があるってこと😥


胎盤が出来て、掻爬してとかしてると、新生血管が出来て、動脈瘤が形成されやすい状態になるそうで。マウスでオペしてると、よく新生血管が出来てきてたから、感覚的にはよくわかる。



しかしねー、もう、あり得ないでしょ。掻爬手術どころじゃないよ。動脈瘤閉塞術とかもっと大変なやつだよ。

そして、出血増えてきたら、危ないから、緊急連絡先に電話してと言って、紙を渡されたし💣

閉塞術する前に、動脈瘤破裂して、子宮全摘してるとか、失血死してる人とかいるんですけど😱


気弱くんからは、大量出血の心配はもうないから、アメリカ行っても良いよと言われたばかりなのに。

もし動脈瘤で、破裂なんぞした日には、アメリカで数千万円医療費がかかると思われる。

怖くて旦那に会いに行けないよ。チケットも予約してたのに。


胞状奇胎&胎盤遺残だけでも持て余すのに、それに動脈瘤が追加されたら、マジで凹む

そんなに1人で抱えきれるかーーい‼️


胞状奇胎だけでも半年の経過観察なんだよ。毎月ヒヤヒヤするわけだよ。

そこに、動脈瘤とかマジでないわ。

ほんと、ない。ない。

まだ確定してないから、絶対に違うと思っているけど。



それにしても、こうも意見が違うと、どっちの方を信じるかとなるけれど、

慎重そうな気弱くんが見間違うはずはないと思いながらも、がんのリスクよりも、突然失血死の方が怖くなってきて、一旦手術はキャンセルしたのです。

がんのリスクを取るか、大量出血のリスクを取るか、難しい選択を旦那は海外でタイムリーに連絡も取れないし、一晩で1人で決めなくてはいけないという状況は、正直結構しんどいです。


こんな精神状態なので、気弱くんが気になったりしちゃうんでしょうか?😅


そういえば、松本潤に堕ちた時も、旦那は海外に船で出ていて、連絡つかなかったよなあと、懐かしく昔を思い出しました。


もうわけがわからんか精神状態になってきました。


B大でも、流産だけでも大変なのに、本当に大変でしたね、今回はと開口1番に言っていただいたが、次々びっくりする展開で、もうよくわからないです。


はあ〜なんだかなあです。


そして、こんなに長引くとは夢にも思っていなかったです。


掻爬手術をしたら、身体的にはあっさり終わると思っていたから、会社には急に手術が必要になったとだけ伝えて、学会前にお休みをしました。迷惑千万だったと思いますが。

初めて学会発表をする自分の部下の面倒も見られず、本当に迷惑をかけたことや、最近はこのせいで集中力を失って、実験を間違えたことなどから、周囲にも迷惑をかけるので、とうとう事情を話しました。

はっきりした病気の内容は伝えていませんでしたが、病理の結果が悪かったので、18日に再手術をするとは伝えていたので、来週からの出勤はどうするかを聞かれて、手術はキャンセルしたから、出社できると伝えました。

しかし、ここまで来ると、なぜ手術をキャンセルしたのかとか色々話さないと逆に不信感を抱かれそうだったので、正直に話しました。

そして、会社からは暫く出社させるのが怖いから、在宅勤務にしてくれと言われて、色んな権限を委譲し、責任ある仕事からは一旦離れることを提案され、嫌だったけれど、この状況では私の先の予定が立たず、周りに迷惑がかかるので、了承せざるを得ませんでした。

まあ、3ヶ月近くも出血していて、やれ胞状奇胎だ、動脈瘤だとか、原因不明のことが続いている人を会社としては怖くて働かせられないということなんでしょうが、旦那もいないし、世間から隔絶されて、辛いなあ。

ということで、来週から2週間在宅勤務になりました。

関連記事

| 流産→胞状奇胎 | 05:10 | コメント:0 | トラバ:0 | TOP↑

>> EDIT

マジであり得ない😩胞状奇胎か確定できない?でも、2度目の手術

99.9エキストラの当選電話のように、毎日毎日ポケットに携帯を入れて、この2週間ひたすら先生からの電話を待っていました。

先週、しびれを切らした私が病院に電話したら、病理の再染色の結果は来週月曜日に出ますってことだったので、今日は実験室にも持ち込み、ドキドキしていました。

案の定、実験中に病院からの電話。

タイミング最悪。


先生)今、お時間大丈夫ですか?


いや、全然大丈夫な感じないけど、一刻も早くこのまな板の上の鯉状態を脱したいから


清泉)はい、大丈夫です

先生)結論から言うと、やはり18日に再手術と考えています。血中のhcgも高めだったので。べらぼうに高くはないんですが、やはり高いので。

清泉)病理染色はどうだったんですか?

先生)それが、病理の先生に、特殊染色は不要だと言われて、前回の診断には間違いがないと言い切られてしまって。


2週間待って、それ?

先週連絡した時には染色待ちと聞いていたのに、この2週間待たされた意味は?

モヤモヤするわ〜

通常2度目の手術は1-2週間後なのに。既に現時点で5週間以上経過しているよ。

絨毛がんって、進行早いと言われてるけど、私大丈夫なの?


驚き、不安、怒り、焦り、色んな感情が一気に押し寄せてきたが、なるべく平静を装って。


清泉)p57の抗体で免疫染色してくれてると思って、2週間待ってたんですけど。HE染色で診断に迷う場合はそうすることになってますよね?

先生)僕もp57での染色を病理の先生とその上司の先生にお願いしたんですが、診断に間違いはないとのことで。

清泉)それなら、エコーもそうですが、胎児染色体の結果も部分胞状奇胎ではない結果でしたよね?それは、どう説明しますか?それも病理の先生に話しましたか?


前回、話が難しくなるので書いてませんでしたが、胎児染色体検査の結果は部分胞状奇胎ではありませんでした。

部分胞状奇胎は、1つの卵子に2つの精子が入ることでできるものだから、染色体は3倍体になるんです。

でも、私の染色体は2倍体でした。(逆に全胞状奇胎の可能性があるのでは?)って気もするのですが。

てか、全胞状奇胎だったら、がんの危険性は部分胞状奇胎より10倍高いんですけど。



先生)稀に部分胞状奇胎でも2倍体なこともあるようで。

清泉)え?私、色々文献見ましたが、探せなかったんですけど。本当にありますか?

先生)うーん


え、今適当なこと言って、まさか誤魔化そうとしてないよね?

てか、私が本当に新型の部分胞状奇胎なら、私の症例で先生ケーススタディ書けますよ。


清泉)私、ここまで全く話してませんでしたが、医学部の病理の教室で学位も取っています。科学的に説明してもらって大丈夫なので、納得のいく説明をして下さい。不要な手術はしたくないです。ただ、一方で一回目の手術から5週間以上毎日出血し、妊娠してた期間を含めると2ヶ月半毎日出血しています。逆に何もないと言われても心配になります。

先生)そうだと思うので、やはり2度目の手術をした方がいいと思います。どうしても嫌ですか?

清泉)嫌じゃないですが、納得して手術に臨みたいです。

先生)病理の先生を説得するためにも、新しいサンプルを再手術で取れればと思いまして。←的なことを言ったと思う


それはなくね?

私は実験マウスじゃねーよ‼️まずは今あるサンプルでまずは染色するのが筋だろう😤


清泉)電話で話してても仕方ないので、今週もう一度手術前に伺います。

先生)お忙しそうだったので、無理かと思ったのですが、来て頂けるなら、こちらもありがたいです。

清泉)忙しくても行きます😤



もうさ〜

2週間待って、結局染色してもらえませんでしたはなくね?

こんなに時間が経ってしまって、再掻破手術しても、もう遅いってことはない?

血中hcgも下がらなかったら?抗がん剤?

今更転院もできず、困り果てるわ。

ここから転院したら、更に時間かかるし。

春に不正出血で国立のT大に電話したら、初診予約は2ヶ月待ちだった😰

あ、ちなみに、今通ってるのは、私立の医大です。不正入試で騒がれている東京医大ではありません(笑)

(どうでもいいけど、私が受験してる頃から、女子と多浪が減点だったのは有名な話で、今更騒がれていることに驚くね。東京医大に限らず当たり前に言われてたけどな)



今日はこの電話の後に心が乱れて、派手に実験を失敗し、部下に迷惑をかけました。細胞を10倍濃い濃度で添加してしまった。1ヶ月実験が遅れそう💦諸々最悪😭

さらには、会社の帰りに下腹痛で倒れそうになった。救急車呼ぼうかと思ったくらい鳥肌、冷や汗💧の激痛が、高頻度に土曜日から起こっている。


色々とあり得んわーーーーーーーい

旦那もアメリカにいて、タイムリーに相談できないし、どうしたらいいのか?

恩師の病理の先生に電話したら、万一手元に抗体がなかったら、時間がかかるから染色断るかもねってのは言っていたが、あの抗体が手元にないことはないだろうってね。そして、実際見てないので、なんとも言えないが、基本的に胞状奇胎で見間違えはないだろうって。
(てか、だったら、外注でやった染色体検査の結果が間違えてる?誰かとサンプル取り違えとか?)

あと恩師は、セカンドオピニオンに行くのに、病理切片はもちろんだが、組織のパラフィンブロックも患者のものだから貰えるはずだよってことも言っていた。
恩師&元医学部教授の義父はセカンドオピニオンに行くべきだって。

その時間が勿体無いって思うけど、やっぱり行くべきなんだろうか。。。


ちなみに私の担当医、凄く物腰穏やかで、感じは悪くないです。

でも、病理の先生に強く言われたら、引き退っちゃう感じは凄くしますね。

温厚と、仕事できる=必要時には外の部署と喧嘩できる能力って、相対するものがあるからなあ。

フラジャイルの逆バージョンですね。

検査拒否の病理医か😅 担当医的には手強い相手なんだろうな


部分胞状奇胎を示しているのは、

病理診断、血中hcg、妊娠時重度なつわり、長期出血、お腹の膨らみ


一方で、部分胞状奇胎ではない所見は、

エコー、胎児染色体検査


さて、一体私は何の病気なんでしょうか?早く診断つけてほしい。てか、染色してよね。
関連記事

| 流産→胞状奇胎 | 01:34 | コメント:0 | トラバ:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |