カテゴリー :情熱ギャラリー J熱の嵐

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

書道展での受賞歴と作品

書道の受賞歴と作品)

・2009年 H書道院展 新人賞受賞

戯

全紙1/2 「戯」草書 淡墨


・2009年 E中アートフェスタ 入選

躍動

「躍動」草書 淡墨


・2010年 新春書き初め展 特選受賞

和風慶雲

半切 「和風慶雲」行書 濃墨


・2010年 毎日展 漢字Ⅱ類 入選

金剛智

「金剛智」 草書 淡墨


・2010年 H書道院展 秀作賞受賞

大逆転

「大逆転」 草書 淡墨


・2011年 毎日展 漢字Ⅱ類 入選

掲清輝

「掲清暉」 草書 淡墨


・2011年 H書道院展 秀作賞受賞

妙花風

「妙花風」 草書 淡墨


・2012年 新春書き初め展 特選受賞

一飛沖天

半切 「一飛沖天」 草書 濃墨


・2012年 H書道院展 特選受賞

F1021219.jpg

「叫」 草書 淡墨

大きさがわかるように、自分が入ってる写真もあげますね。

潤くんの24時間テレビでの勇姿を目の当たりにして、底知れぬパワーを頂戴して、受賞できました。
そのため、潤くんに敬意を表して、紫のお着物にしました。

叫

結構大きいでしょ。

全紙です。

実は、これ、アラフェスの前々日に徹夜で書いて、送った10枚の作品のうちの1枚だったんですよね。






無鑑査展覧会)

・女流展

南山寿

半切1/3 「南山寿」 濃墨


・銀座画廊美術館展示予定だったが、東日本大震災により展示を中止した作品


昇龍

半切/2 「昇龍」 濃墨



・銀座展 2012

「花満開」って書いてありますけど、ちょっと元気良すぎたかもって作品。

花満開

半切


・銀座展 2013

「愛燦々」

マットに手漉き和紙を入れて貰いました。

愛燦々



・毎日展 2013

「嵐」

毎日展の大字書の部で入選した『嵐』です。

PCとスマホで見ている方は、画像をクリックすると、大きくなりますよ。

拡大すると、墨の飛び散りや濃淡や掠れ具合や筆の重なりもよく見えるかも。

image-3.jpg


大きさは、このくらいです。

最年少の嵐友の智担Sちゃん(9歳)と潤担Kちゃん(4歳)の美人姉妹と一緒に撮った写真です。

(どうでもいいけど、特に、Kちゃんは、潤くんの裸体が好きな末恐ろしい4歳児です。だから、私とも話が合うの!)

1メートル以上あるかな。

DSC_0220-1.jpg

| 情熱ギャラリー | 13:41 | コメント:0 | トラバ:0 | TOP↑

>> EDIT

アラシック書道

嵐好きが高じて、とうとう書道に嵐を取り入れてみました。

書いている時は、もちろんガンガンに嵐の曲をかけながら、書いています。

夢は、智くんのように、夜な夜な創作活動に励み、
いつか個展を開くこと、
書道家として活動することです。

私が目指すのは、誰が見ても美しいと感じる書。
キレがあり、セクシーだと感じる書。

嵐で例えるならば、潤くんのセクシーな顔と体、
そして智くんのダンスのキレを追及しています。


「翔」・・・同じ誕生日の翔担のお友達Tさんにプレゼントしました。

翔くんの育ちの良さみみたいなものを綺麗な線で表現したつもりです。

翔


「智」・・・智担のお友達Sさんにプレゼントしました。

智くんのダンスの時の美しい高速ターンのイメージで書いてみました。

智


「風の向こうへ」・・・智担のお友達Kさんにプレゼントしました。

前向きなこの詩が大好きです。
Kさんもこの書を見たら、元気になれると言ってくれたのが、とても嬉しかったです。

風の向こうへ


「果てない空」・・・智担の相方にプレゼントしました。

東日本大震災の時に、連絡の取れない、地元東北の家族や友人のことを案じ、
祈りを込めて、書いた書です。一生忘れられない作品かと思います。
震災の時、一緒に心配し、励ましてくれた相方が、今は持っていてくれてます。

果てない空


・「」・・・旦那と母のコンサートの時にウェルカムボードとして使いました。

音楽を楽しんで行ってほしいなという思いを込めて、ちょっとポップな感じに書いています。

楽


「潤」・・・潤担のお友達にプレゼントしました。

3年前位に買って、ずーっとお蔵入りしてた面白い墨汁を、何となく使ってみたくなって、それで書いてみました。

写真映りがいまいちなんですが、これはメタリックな紫の墨なんですよ。

草行書体で「潤」と書いてあります。

何となく、潤くんの体のシルエットが出てませんかね?

がっちりした感じのフォルムになってるかなって、自分では思ってるんですが。

あとね、シェケの見過ぎだと思うんですが、あのグルングルンする腰の動きが目に焼きつてるものだから、

「王」の字の真ん中のところを、くるっと巻いてみました(笑) アホや~


まあ、でもね、漢字って、象形文字だからね。

形で、何とか、それっぽさを出したかったのよ。


3枚くらいしか書いてないので、全然納得するものじゃないんですが、

「潤」の字は永遠に納得するものが書ける気がしないので、

とりあえず試作品をアップしてみました。


スライド1

P6130190.jpg


・「一度きりの人生 転がるように」・・・J熱の読者Kさんにあげました。

2月から書きたかったワイハの歌詞を、7月末に書きました!

2時間で6枚くらいしか書いてないんですが、さずがに半年温めていたので、

構図はすぐ決まって、こんな感じ。(なら、もっと早くに書けよって、思ったけども)

ちなみに、私は、近代詩文は専門外で、ちゃんと習ったことがないので、

構図(文字の配置、バランス)に悩んだりすることが多いんですよね。

だから、得意分野じゃないので、そのわりには、まあまあの出来ではなかろうかと。


潤くんにも見せたいよ~

何って言ってくれるかな~

なーんてね、出来あがった時に思いましたけども。

どうかな?(感想などあれば教えて下さい)


P7300315.jpg

P7300324.jpg

旦那は「上がいいよ」と言ってましたが、

確かに上のは、30年前くらいの紙で一枚だけ書いたから、

かすれ具合が絶妙だったかも。

子供の頃に使ってたのを昨年実家で発見して、持ってきたんだけど、

紙も墨も古ければ、古いほど、いい味が出るんですよ。

古いのは、買うと高いから、

新しいのを、いっきに買って、風通しの良いところに寝かせておいたらいいんだけど、

私は、いつも次々に消費して、寝かせておくほど、ストックつくれないんだよね。


Face Downでもなく、Your Eyesでもなく、どうしてもワイハの歌詞を書きたかったんですよ。

私ね、「嵐の曲で、一番好きなのは?」って訊かれると、

これまで「選べません」って答えてたんですが、

ワイハに出会ってからは、「ワイルドアットハートです!」って、自信を持って答えられるようになったんですよ。

そのくらい好きなの。

何がって、歌詞が!

ワイハの潤くんのマイクプレイもかっこいいし、ダンスも可愛くて、楽しくて、好きだけどね。

最も好きなのは、歌詞なの!

私みたいなクヨクヨする人間(こう見えて、意外と繊細ですから・笑)は、

こういう歌聴いてると、色々と背中を押されることがありますよね。

ブログを再開させる時も、凄く悩んでたんですが、この曲聴いたら、

「とりあえず、やってみようかな~」なんて気になりましたからね。

ワイハは、私の応援歌です!

| 情熱ギャラリー | 16:08 | コメント:4 | トラバ:0 | TOP↑

>> EDIT

新聞掲載

本日のK新聞に、私の写真が掲載されました!!

新春書き初め展で、一番いい賞を頂きまして。


実は、2年前にも2度程掲載されたことがあるんですが、
その時は今ほどアラシゴトを完璧にはやっていない状態でした。

この時は、書道>アラシゴト

それから2年間。

智くんが、アート<釣り なように、

私も徐々に、 書道<アラシゴト になってしまって、

入賞はするものも、一番いい賞は取れないという日々が続いておりました。

書道は大好きなんですが、やっぱり書けない時は苦しくて、ちょっとお休みしたいし、
書きたいって思う時でも、まとまった時間が取れないことが多くあり、
最近は書道の時間を十分に取れなくなっています。

このような状況ですから、日々の仕事やアラシゴトに忙殺されて、
昔ほど書いてないからダメなのかなって思ってたんですが、
今回は久々の受賞で、妙な自信が出てきております(笑)

アラシゴトやってても、関係ないんだ!ってね。

こんな変な自信を深めてます、ええ。

で、ちょっとだけ、今回残念だったのは、2年前に自分の写真が掲載された時は、
潤くんのお写真が偶然にも同じ日の同じ新聞に出ていまして、

潤くんと私の写真が一緒に出たー!!っていう感動を、

たまたまなんですが、味わいまして、
今回も期待してたんですが、さずがに今回はそんな奇跡は起きませんでした(涙)

最後に、本当は新聞名も書きたいのですが、私の書道の顔しか知らない方が、
このブログを見たら、腰を抜かしてしまうかと思ってまして、敢えて伏せております。
一応、書道の時は、セレブっぽいキャラでやってますので(笑)


| 情熱ギャラリー | 21:35 | コメント:2 | トラバ:0 | TOP↑

>> EDIT

新春書き初め展 2012

新春書き初め展の入賞作品です。


HDDの整理に追われながら、年末に書いていた作品です(笑)

乾かしている間に、こまめにHDDの整理をしていました。

そんな私のために、旦那が八割型家事を負担してくれたので、まずは旦那に感謝しなくてはいけませんね。

(ちなみに、ライブ遠征に行って、家に戻ると、いつも家が綺麗に掃除されています。なんて、素晴らしいんだろうか、うちの旦那は!!って思います。)←自慢です(笑)


「一飛沖天」 半切サイズ 濃墨作品

沖の上を勇壮に一羽の鳥が飛んでいるイメージです。

この作品は初めての挑戦だったのですが、2本の筆をお箸を持つようにして一緒に持ち、書いてみました。

線の変化を持たせるためです。

そのため、写真では伝わりにくいのですが、面白い線質になっていると思います。


一飛沖天

| 情熱ギャラリー | 00:49 | コメント:2 | トラバ:0 | TOP↑

>> EDIT

Jun's spirit

昨年のライブで、潤くんが背中に背負っていたこの言葉を、皆さんは覚えていますか?

「deep and higher」

私はあれを見て、ほんとに凄い人にを好きになっちゃったんだなって思いました。


トップアイドルになっても、現状に満足することなく、いま猶、途絶えることのない向上心。

常に先を見続ける、その目。



そんな潤くんの人間性に、私は心底惚れこんでいます。


さて、そんな私が、先週会社で自己紹介をしろと言われました。

40人くらいの前で、時間はたっぷりあげるからと。

入社して半年以上が過ぎているし、今更だなあと、何を話そうかなあと考えました。

とりあえず、会社では完全な嵐キャラが定着してしまっているので、これまで出して来なかった書道キャラを上乗せしようと思って、こんな作品を書いて持って行きました。

(ぶっつけで、たった一枚色紙に書いただけなのですが・・・)

猶在半途

これは、「猶在半途」と書いてあります。

猶(なお)途(みち)の半ばに在りという意味です。

潤くんの精神を、漢字で表わすとこうなるかなあと思って、書きました。


私も書道の師範の資格を頂きまして、そこそこ活動はさせてもらっていますが、

まだまだ、自分は途半ばなんだ」ということを認識し、
現状に満足していてはいけないなと。

より深く、より高く 「deep and higher」の精神で、書の道をこれからも進んでいきたい と思っています。


さて、明日は仕事なので、今日中に銀座展の作品作りと、知人から依頼されている作品仕上げをやらなくてはいけません。

構想を考えるところからのスタートです。

しあがれまで、頭切り換えて、頑張ります!!

| 情熱ギャラリー | 11:23 | コメント:0 | トラバ:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>